【WordPress】XMLサイトマップとは?作成方法は?

サイトマップには実は2種類あるということをご存知でしょうか?

サイトに訪れるユーザーに向けて作成するのが「HTMLサイトマップ」で、検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなるように作成するサイトマップは「XMLサイトマップ」と呼ばれます。

ここでは「Google XML Sitemaps」というプラグインを使ってXMLサイトマップを作成する方法について解説していきます。

XMLサイトマップとは?

サイトマップとはサイト内のコンテンツがカテゴリーごとに整理されて一覧表示されたページのことです。

このようにサイト内のコンテンツが一覧表示されたサイトマップは「HTMLサイトマップ」と呼ばれ、ユーザビリティ、SEO両面で効果のあるブログ施策として広く認知されていました。

ところが最近では、「HTMLサイトマップ」についてはSEOの効果は成していないという考え方が一般的であり、実際にHTMLサイトマップを設置していないウェブサイトも増えてきているようです。

代わってSEO面で重要視されているのが「XMLサイトマップ」と呼ばれるサイトマップです。

XMLサイトマップは検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるために作成するサイトマップのことであり、言わばSEO専門のサイトマップといえます。

さらに作成したXMLサイトマップを「Google Search Console」というGoogleが提供するツールに登録することで素早く検索エンジンにインデックスしてもらうことが可能となりますので特に立ち上げたばかりのウェブサイトでは非常に効果的なSEO対策と言えます。

XMLサイトマップの作成方法

ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」と進み、検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力します。

検索結果に「Google XML Sitemaps」が表れたら、「今すぐインストール」をクリック、インストルールが完了したら続けて「有効化」をクリックしましょう。

ダッシュボードの「設定」→「XML-Sitemap」と進むと各種設定が出来ますので適宜設定を行ってください。

基本的にはデフォルトのままでOKです。

Google Search Consoleへの登録

Google Search Consoleにログインし、画面左側の「サイトマップ」をクリックします。

入力欄に「sitemap.xml」と入力して「送信」をクリックします。

送信されたサイトマップのステータスが「成功しました」となっていればサイトマップの送信は完了です。

あとがき

旬の話題を取り扱うトレンドアフィリエイトを実践する場合には更新した記事をいかに早く検索エンジンにインデックスさせるかが勝負の鍵となりますのでXMLサイトマップの作成は必須といえます。

特にブログを立ち上げて間もない時期には効果を発揮してくれる施策ですので早めに対応しておきましょう。