Google Analytics(グーグルアナリティクス)の導入~設定まで

ブログマネタイズのために必須となるのがアクセス解析です。

「サイトの訪問者数はどれくらいか」

「訪問者はどこから来たのか」

「どのウェブページが人気があるのか」

このような情報をもとにコンテンツ対策に活かす事が可能となりますのでアクセス解析ツールはぜひ導入しておきましょう。

ここでは無料で利用出来るアクセス解析ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」の導入~設定までの方法を解説していきます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の導入

まずはGoogleマーケティングプラットフォームにアクセスして、「中小企業向け」→「アナリティクス」と進んでください。

「無料で利用する」をクリックします。

ログイン画面が表れますのでGoogleアカウントでログインします。

「無料で設定」をクリックします。

アカウントの設定画面が表れますので順に設定していきましょう。

アカウント名

一般的には「会社名」や「部署名」を入力します。個人の場合はブログ名やHNなど分かりやすい名前を入力すると良いでしょう。

アカウントのデータ共有設定

デフォルト(全ての項目にチェックが入っている)状態でOKです。

 

画面最下部の「次へ」をクリックします。

続いて測定の対象を指定します。

Google Analyticsではウェブサイトの他にモバイルアプリのアクセス解析も可能なのですが、ここではウェブサイトでの設定となりますので「ウェブ」にチェックを入れて「次へ」をクリックしてください。

続いてプロパティの設定となりますので順に入力していきましょう。

ウェブサイトの名前

Google Analyticsを導入するウェブサイトの名称を入力します。

ウェブサイトのURL

サイトURLを入力します。

業種

サイトの内容に合ったものを選びましょう。

レポートのタイムゾーン

「日本」を選択します。

 

入力を終えたら「作成」をクリックしてください。

Google Analyticsの利用規約が表示されますので、「日本」を選択して「Googleアナリティクス利用規約」及び「Google測定データ管理者間のデータ保護に関する条項」にチェックを入れて「同意する」をクリックします。

以上でアカウントの作成は完了です。

アカウントの作成、プロパティの設定を終えるとトラッキングID及びトラッキングコード(グローバルサイトタグ)が発行されます。

WordPressの場合は、このトラッキングコードをソースコードに貼り付けることでGoogle Analyticsを有効化できます。

ダッシュボードの「外観」→「テーマ編集」と進み、テーマの編集画面を開きます。

ヘッダー(header.php)を選択します。

</head>というタグの直前にトラッキングコードを貼り付けます。

画面下部の「ファイルを更新」をクリックして、Google Analyticsの導入は完了です。

 

以上が一般的なGoogle Analyticsの導入方法になりますが、WordPressテーマによってはトラッキングIDを入力するだけで有効化できるものもありますし、同様のプラグインもありますので適宜やりやすい方法で導入していただければ良いと思います。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)の設定

Google Analyticsを利用するうえで最低限やっておきたいのがフィルタ設定です。

正確なアクセス解析データを拾うためには、自分のアクセスを解析対象から除外しておく必要がありますので最初に設定しておきましょう。

Google Analyticsでは特定のIPアドレスからのアクセスを解析対象から除外することができますので、まずは自分のIPアドレスを確認しておきます。

IPアドレスを確認するためには、サーバー監視/ネットワーク監視システムにアクセスします。

赤枠で囲んだ部分に表示されているのがあなたの利用しているIPアドレスですので控えておいてください。

Google Analyticsトップページ左側の歯車マークをクリックして、ビューの項目にある「フィルタ」をクリックします。

「フィルタを追加」をクリックします。

フィルタ情報を入力していきます。

フィルタ名

「自分のアクセスを除外」等、分かりやすい名前を付けます。

フィルタの種類

「カスタム」を選択します。

フィルタフィールド

「IPアドレス」を選択します。

フィルタパターン

除外するIPアドレスを入力します。

 

最後に「保存」をクリックして完了です。

あとがき

冒頭でもお伝えしたようにGoogle Analyticsを導入することで様々な指標を確認することが可能になるのですが、検索キーワードについてはGoogleの常時SSL化(HTTPS化)に伴い現在ではほとんど確認することができなくなってしまっています。

検索キーワードを分析するためにはグーグルサーチコンソールというツールとの連携が必要となりますので、Google Analyticsの導入とともにSearch Consoleへの登録も忘れずに行うようにしましょう。