サーチコンソール(Google Search Console)の登録~Google Analyticsとの連携

ブログマネタイズのためにはアクセス解析は欠かせませんので無料で利用できる高機能アクセス解析ツール「Google Analytics」の導入は必須といえます。

同様にGoogleが無料で提供しているサーチコンソール(Google Search Console)へのサイト登録も欠かせません。

ここでは、なぜサーチコンソールへのサイト登録が必要なのか、さらには具体的な活用方法までを解説していきます。

サーチコンソール(Google Search Console)とは?

サーチコンソール(Google Search Console)とは、ホームページ運営者向けにGoogleが無料提供しているツールで、登録しておけばサイトのパフォーマンスを管理することが可能となります。

Googleからサイトパフォーマンスに関する通知を受けたり、サイトの状況の確認、さらにはインデックスの依頼をすることも出来ますので、WEBサイトを運営するのであれば絶対に登録しておくべきサービスであるといえます。

さらに近年ではある問題により、サーチコンソール(Google Search Console)の重要度は以前よりも増しています。

その問題とは「Google Analyticsだけでは検索キーワードが拾えない問題」です。

WEB集客を上手く軌道に乗せるためには検索キーワード情報の分析は欠かせません。

想定したキーワードでユーザーがサイトに訪問してきているのかどうかを確認するのはもちろん、想定外のキーワードでの訪問があり、そのキーワードでの需要が見込まれるようであれば新たなページを作成したりといったサイト施策に非常に役立つのが「検索キーワード情報」なのです。

以前まではGoogle Analyticsのみで検索キーワード情報を確認することができたのですが、Googleの常時SSL化(HTTPS化)により、現在では検索キーワードはほぼ拾えない状態となっています。

ところがサーチコンソール(Google Search Console)では「検索パフォーマンス」という項目において検索クエリ(=キーワード)を確認することができるのです。

さらにはサーチコンソールとGoogle Analyticsを連携させると、この検索クエリ(=キーワード)をGoogle Analytics側からでも確認することが可能となりますので、アクセス解析の作業が捗るのは間違いありません。

というわけでサーチコンソール(Google Search Console)へのサイト登録~Google Analyticsとの連携までの手順を解説していきます。

サーチコンソール(Google Search Console)の登録方法

まずはGoogle Search Consoleにアクセスして「今すぐ開始」をクリックしてください。

続いてログイン画面が表れますので、Googleアカウントでログインしてください。

プロパティ設定へと移りますが、最初にプロパティタイプの選択画面が表示されます。

ここではGoogle Analyticsが導入済みであることを前提として、「URLプレフィックス」の方で解説を進めていきます。

両者の違いについて詳しく知りたい方は、Search Consoleヘルプの以下のページを参照してください。

URLプレフィックスを選択したら、サイトURLを入力し「続行」をクリックします。
「所有権の確認」画面が表れますので、下の方にスクロールして「その他の確認方法」→「Google Analytics」を選択して、「確認」をクリックしてください。
以上でサーチコンソールの登録は完了となります。「プロパティに移動」をクリックすると管理画面に入ることができます。

Google Analyticsとの連携

Google Analyticsにログインして、トップページ左側の歯車マークをクリックして、プロパティの項目にある「すべての商品」をクリックします。

「Googleアナリティクスと他のサービスとのリンク状況」が表れ、「リンクしていないサービス」が一覧表示されていますので、下の方にスクロールして「Search Consoleとリンク」をクリックしてください。

連携させるサイトを選択して「保存」をクリックします。以上でGoogle Analyticsとの連携は完了となります。

検索キーワード情報を確認するにはGoogle Analyticsの左側のメニューから「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」と進みます。

あとがき

今回はサーチコンソールの登録、Google Analyticsとの連携方法について解説してきました。

両サービスとも無料で提供される高機能ツールですので、サイト運営するのであればしっかりと使いこなしてWEB集客に活かすことができるようにしておきたいものです。

最初のうちは使い方や分析の方法が分からないかもしれませんが何度もみているうちに色々と覚えて行くこともあると思いますので、サイトを新規で立ち上げた際には両サービスともに登録、設定は是非しておいてくださいね。